京都宮川町の天ぷら割烹は喜久屋へ

未分類

第十回㐂久屋ワイン会を開催いたしました

衆議院選挙の前日、しかも大型の台風21号がそこまで接近してきた10/21(土)

もしかしたら…という予想を覆しご予約いただきました33名の皆様全員ご臨席の下

10回目となったワイン会を開催させていただきました

今回もワインブティックルミアージュの北尾様セレクトの美味しいワインで

大いに盛り上がりました

次回は年明け2月に節分のお化けとワイン会を開催予定です

20回30回目指して頑張りますので引き続きよろしくお願いいたします

サーロインステーキ 松茸のフライ_357 ワイン_358 鰻の八幡巻_359 吹き寄せ_360 鯛の昆布締め 鱧の炙り_361 鱧と松茸のお椀_362


神輿渡御、還幸祭、迫力満点!

7月24日の還幸祭とは神輿のご神霊を又旅社を経て八坂さんの本殿へと還幸する神事です。
お旅所を出ておよそ五時間をかけて氏子町を回られ、もうヘトヘトでしょうに…ホイット〜ホイット〜…それはもう勇猛豪快に神輿を振り暴れさせ見ているこちらまで力が入ってしまいます。
舞殿を3周する拝殿回しを終え、最後の力を振り絞って差し上げが行われます。まだまだ行くぞ〜と掛け声がかかり、なんと5回も…そして最後はヨーサのチャチャチャで締めくくりです。提灯や鳳凰が取り外され舞殿に鎮座します。東から東御座、中御座、西御座の順に東御座横の東若御座と4基の神輿が勢ぞろいし、八坂さんの電気が全て消され御霊遷しの儀式が行われ還幸祭は終了となります。
手元の時計は午前0時を回っていました。
西御座が最も重く、3.2トンあるのだとか…本当にお疲れ様でした

IMG_6176 IMG_6172 IMG_6171 IMG_6167 IMG_6161 IMG_6162 IMG_6165


神輿洗いの宮川は宮川町の名前の由来ってご存知ですか?

祇園祭と言えば長刀鉾などの山鉾に注目が集まりがちですが神輿渡御も祇園祭の大切な大切な神事です。7/10には四条大橋において神輿洗いの神事がございました。これは神幸祭を迎えるにあたり、お神輿に神様をお迎えする前に神輿を清めるという大切な神事なのです。もともと鴨川は広い川であったようで宮川と言う支流があったそうです。その宮川で神輿洗いをした神事が今では鴨川で行われているのだそうです。で、その宮川と言う川の名前が宮川町の名前の由来なんですね。祇園、宮川町…京都の花街は祇園祭とは深く長いご縁があるのですね

還幸祭の後、7/28には神様がいなくなられた神輿を再び清めて八坂さんに戻す神事として神輿洗いが行われます

13627079_1178274432204440_5656399361839139448_n 13645216_1178274468871103_6717583491716708476_n 13615496_1178274475537769_8473567157635753557_n 13606457_1178274435537773_2610168263238318259_n 13592412_1178274498871100_7308450223554387853_n




ページトップへ

宮川町喜久屋のご紹介 | お料理 | 店内のご案内 | アクセス | ご予約・お問い合わせ | お知らせ | ホーム